山川工務店|滋賀県の工務店 リノベーション・耐震リフォーム

 
自社の取り組み
新築工事
 ・エアサイクル工法
     +
 ハイブリッド工法
  柱脚金物
家づくりの流れ
 ・家づくりの流れ
リフォーム工事
 ・増改・リフォーム
   
ペットと暮らす
   
まもりすまい保険
エアサイクル工法
エアサイクル専用外張り断熱材
『外張り断熱工法』は柱の外側にある為、断熱材が切れ目なく連続し安定した高い断熱性・気密性が実現できます。また外張り断熱工法は、壁の中が全て空洞となる為、エアサイクル専用断熱材にダイヤカット(溝切り)加工する事で壁の中を空気が上下左右に動き、湿気を拡散してくれます。

オリジナル遮熱用屋根断熱材
屋根は日射の影響をダイレクトに受けるため、普通の屋根断熱だけでは、太陽の熱を和らげることができず、暑い部屋になってしまいます。「シャルーフ」の通気層には赤外線を反射するアルミシートが張られており、通気層による排熱効果と遮熱効果を付加させる事で小屋裏の温熱環境が激的に改善されます。

「外張り断熱」と「空気を動かす仕組み」

外張り断熱とは、家の骨組みの外側を断熱材ですっぽりとくるみ込む方法です。断熱材によって夏は強い日射と熱い外気を、冬は冷え込んだ外気をそれぞれ遮断して、家の内部の温度を一定に保ちます。エアサイクル工法では、「エアサイクルボード」と呼ぶ断熱材を用いて、屋根や外壁を覆います。

もう1つ、エアサイクル工法で大切なのが空気を動かす仕組みです。

エアサイクル工法の壁の外張り断熱材にはダイヤ柄の溝があり、壁の内部でも空気が行き来するようになっています。また床下と小屋裏に開閉式の換気口を設けて、夏には手動スイッチで換気口を開けるようにしました。すると直射日光に照らされて熱くなった屋根裏の空気は上の換気口から逃げ、下の換気口から取り入れた外気や床下の空気など涼しい空気は上へ吸い上げられます。こうした空気の流れによって、屋根裏や壁の内部の熱がこもらないようにしているのです。

なお、この換気口は冬になると閉じるので外の冷たい空気は入ってきません。閉じ込められた空気は断熱材の役割を果たし、太陽の日射で得られた暖気を建物内にとどめます。

屋根・壁に空気の流れを作り出す特殊な断熱材を使用しています。


ハイブリッド工法・柱脚金物
耐力と強度の木造軸組工法の進化版

在来軸組工法と金物工法のハイブリッド

 例えば、木造二階建ての通柱の接合部分。金物を使って接合するハイブリッド工法なら、金物を使わない在来工法の約1.5倍以上の強度が確認できています。
これからの住まいにピッタリの安全な工法です。



通し柱は柱脚金物を使用

柱脚部(柱と土台の緊結部分)も強化を行います。
木造家屋のウィークポイントは仕口の次に柱脚の強度不足が指摘されています。
通常、柱は土台を介して基礎を緊結されていますが、柱からのズレた位置でのみしか留める事が出来ない為弱点となるのです。
その為、負担の大きい通し柱の直下には金物により結合し直接基礎に留め付ける工法を行っています。


家づくりの流れ



増改、リフォーム工事も得意
工務店である長年の実績
 長年のノウハウを最大限に出しご提案致します。

工務店だからこそ既設物にやさしく、安全に、
小さな工事から大きな工事まで、
無駄のない総合的な美しい仕上げのご提案でき、誠実な工事を致します。

また、画像のようにお客様に分かりやすい3Dパース作成が可能で、お客様とイメージを掴みながらご提案致します。

全面
リフォーム
キッチン トイレ 洗面台
ユニットバス
ダイニング リビング 玄関・サッシ 外壁
【ホームドクターとして住宅に関する全ての工事のご相談・ご提案をさせて頂きます】